恵比寿美容クリニックの口コミをチェック【情報を確認しておく】

手足の冷たさは食事で対処

食事とサプリで栄養を摂取

ウーマン

寒い時期は手足が冷たくなるし、夏でもエアコンのきいた部屋にいるのが辛いとお悩みの冷え性の方は、普段の食事を見直すことで対処するようにしてください。
冷え性改善に役立つ栄養素はたんぱく質やビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄分などなので、それらを含んだ食品を食べたり、サプリで摂取したりするようにしましょう。
たんぱく質は血液のなかでも赤血球を増量できる栄養素で、血行促進作用もあるので、冷え性を改善に導けます。
消化吸収による熱エネルギー変換率が高いため、体温を上げる効果もあります。
豆腐や牛乳、卵や魚などに含まれています。
ビタミンB群はたんぱく質や糖質、脂質をエネルギーに変換して熱にする作用がある栄養素なので、低体温を防げます。
豚肉、うなぎ、さんまなどに含まれているので積極的に食べるようにしましょう。
鉄分は血液のもとになるものですが、ビタミンCには体内に摂りこんだ鉄分を吸収する働きがあるので、血液量を増やして血行を促進し、冷え性を改善に導けます。
ピーマンやパセリ、レモンなどに多く含まれています。
ビタミンEは血液をサラサラにして、血流を良くしたり、毛細血管を拡張する働きがあるので、血液が体の隅々まで行き届くようになります。
冷え性改善に役立つので、ナッツ類やアボガド、カボチャなどを食べるようにしましょう。
鉄分は血液中のヘモグロビンのもとになるものなので、不足すると冷え性が起こりやすくなります。
ほうれん草やレバーなどを食べて対策するようにしてください。

食材の工夫で症状改善

手袋をした女性

夏の暑い日や冬の寒い日は空調器具が欠かせません。
空調は気温の変化が激しい時期も快適にしてくれるため、なくてはならない存在の一つになっています。
夏場はともかく、冬になると困ったことが起こります。
冬にも空調を使うところは多くあります。
しかし、中にはどれだけ部屋を暖めても体が温かくならないという人が少なからずいます。
こういった冷え症は、発症すると寒い冬がさらに寒々しく感じるようになるため、冬の生活がとても辛くなります。
冷え性は食材で解消できることがあります。
しかし、間違った食材を食べると改善どころか逆に悪化してしまうこともあります。
冷え性の改善にはどんな食材を耐えればいいか。
そのポイントを押さえておきましょう。
冷え性改善に効果がある食材は根菜類や豆類です。
レンコンやごぼう、大豆製品などが体を温める効果を持っています。
ごぼうのみそ汁など、冬場は根菜と大豆をメインにした食事メニューにするといいでしょう。
それとは逆で、食べると体を冷やしてしまうのが野菜です。
野菜はミネラルが豊富で健康的なイメージがありますが、同じくらい水分も多く含んでいます。
水分の多い物は体温を下げる働きがあるため、食べると冷えてしまいます。
しかし、いくら冷え性のためといっても野菜をまったく食べないわけにはいきません。
野菜を食べても体を冷やさないためには、温野菜にするか鍋料理に入れましょう。
つまりは、野菜を温めることで中の水分が体を冷やさないようにするわけです。
食材の食べ方を意識することで、冷え性の人でも冬場を快適に過ごせます。

6年根の高麗人参で改善

ウーマン

体は冷えていなくても、手足などに冷たさを覚える冷え性は、血行不良が原因になっている場合が多々あります。
そこで冷え性を改善するには、血流を促す成分が入っている健康食品を活用するのが効果的です。
ポピュラーな物では生姜を原料とした健康食品も人気ですが、頑固な冷え性や、一歩踏み込んで改善に取り組むなら、高麗人参に着目するのも良いでしょう。
高麗人参にはサポニンをはじめとした健康成分が豊かに含まれており、血管を詰まらせる原因の過酸化脂質を抑え、血の巡りを良くする働きがあるのです。
そして高麗人参の健康食品を利用する際は、原材料を良く確認して紅参が使われている製品を選びましょう。
なかでも6年根の紅参が理想的で、皮付きのまま加工されているためサポニンの含有量が多く、そのぶん優れた冷え性の改善効果を期待できます。
4年根の白参でも高麗人参ですから、サポニンは多く含まれているのですが、こちらは皮を取り除いて加工されているため、できれば皮の栄養もそのまま摂れる紅参を探してください。
高麗人参が優れる理由には、微小循環の改善作用を持っていることも挙げられます。
太い血管の流れをスムーズにするのはもちろん大切ですが、冷え性では手足などの末端部分に巡っている微細な血管の流れを良くすることが大切です。
さらに高麗人参にはホルモンバランスを整える働きがあり、ホルモンのアンバランスから来る自律神経などの不具合を調節して、その面からも冷え性の改善に取り組めます。